トイレで水が流れないときは緊急の水道業者が必要か

それでは、水道業者を緊急で呼ぶ必要があるかどうかについて、それぞれの水道に関するトラブルを例にとって紹介します。ここで紹介するのは、「トイレの水が流れない」というトラブルに関してです。トイレは日常的に不可欠な設備であるため、自分で直せない場合については緊急で水道業者を呼ぶ必要があるでしょう。

水が流れない問題として、まず考えられるのは貯水タンクの異常です。昨今ではタンクレスのトイレも多くなっていますが、多くのトイレはタンクにためた水をレバーによって解放して、水洗に利用する仕組みとなっています。この水をレバーによって解放するための水栓に異常がある場合が考えられます。これは自分でも修理しやすいトラブルであり、緊急の水道業者が必ずしも必要ではありません。

もう一つ考えられるのは、上水道から水が上手く供給されていないという場合です。この場合、配管の途中で水漏れなどが発生してしまっている可能性があります。こちらの場合、放っておくと大きな問題になりうるため、水道業者が緊急で必要な例となります。このように、起こっているトラブル自体は同じものでも、緊急で水道業者が必要であるかどうかには違いがある場合があります。